【ヤクザ】暴力団についての本を4冊読んで彼らについて学んでみた

最近ヤクザについて扱った漫画、ドラマ、映画が増えているように感じます。

特に、ヤクザをデフォルメしてネタ化したものが多いのではないでしょうか。

漫画からドラマ、アニメになった極主夫道

小説から映画となった任侠学園

アニメ化されたヒナまつりでも、新田はヤクザという設定ですね。

しかし、リアルなヤクザについては知っているようで知らないんじゃないでしょうか。

この記事では、ヤクザについて著名なジャーナリストである廣末 登さん、溝口 敦さん、鈴木 智彦さんの本を元に、リアルなヤクザについてまとめてみましたのでご紹介します。

ぜひご覧ください!

ヤクザになる理由

家庭的問題:父親とのコミュニケーション不足

廣末氏がヤクザを調査した結果、母子家庭、父親が単身赴任な家庭出身者が多いとのことです。

少年時代に不良に憧れてしまうきっかけは”父親とのコミュニケーション不足“が原因ではないかと考察しています。

少年は”大人の男”として父親をモデルケースとします。

しかし、父親をモデルケースにできない場合、“大人っぽく見える”不良の先輩をモデルケースとしてしまうと考えられます。

彼らとの交友関係の中で、「社会への反発、暴力の強さ」などをポジティブな評価と捉えるようになり、それを求めるようになります。

ヤンキーLv.6

〇〇くんかっけえ!おれもケンカ強くなりてえ!!

学業への不適応:非行の集団化

ヤクザになった人は”学校”に不適応だったわけではありません。

あくまで”学業”に不適応だった人が多いようです。

皆さんの中学生時代を思い浮かべてください。不良には勉強の成績が悪い人が多かったかとは思いますが、クラス内のカーストでは上位だったのではないでしょうか?

学校での先輩後輩を通して交友範囲が広がり「非行の集団化」が起きます。

ここから暴走族への勧誘も行われます。

クラスの中でカースト上位だった彼らはその心地よさを知っており、非行集団の中でもカーストが上位になるように競い合います。

競い合う内容はもちろん「ケンカの強さ、自分が行った犯罪」などです。

犯罪の一つとして、薬物の使用、あるいはその販売が含まれます。

薬物の卸元はヤクザである場合が多く、そこからヤクザに勧誘されます。

ヤンキーLv.12

あいつらに負けてられねー!

ヤクザになるのは暴走族の中でも少数だった

現在は暴排条例によって相当ヤクザは締め付けられており、これからヤクザになるという人はそもそもほとんどいないと言われております。

現在よりも3倍以上ヤクザ人口が多かった1980年代においても、ヤクザになる人は暴走族の3.3%に過ぎませんでした。

それだけにヤクザになるのは選抜が厳しかったと推察されます。

確かに、ウシジマくんで登場する滑川秀信も暴走族の総長で相当悪名高い存在でしたが、ヤクザになった後はヤクザの先輩にいじめられている描写もありましたね。

ヤンキーLv.18

見てんじゃねえぞクソが!!!

現在ヤクザのシノギ

ヤクザはそもそも給料を組からもらっているわけではありません。

むしろ組に会費(上納金)を払っています。

それにより組の看板を活用して仕事(シノギ)を行っています。

ヤクザは基本的に個人事業主に近い存在です。

ヤンキーLv.80

出すもん出してもらおうか!!お!!

伝統的ヤクザのシノギとは

伝統的なヤクザのシノギは薬、賭博、性風俗、用心棒(みかじめ)、テキ屋などです。

現在は海外旅行客はほとんどいませんが、海外からのインバウンド需要が盛んだったころは海外客向けの性風俗を展開するなど、伝統的とはいえ多様化している面もあるようです。

現代っぽいヤクザのシノギ

中国人向け仮想通貨売買

中国では資産隠しに繋がるということで、仮想通貨の売買が禁止されています。

そのため、中国人富裕層向けに仮想通貨売買を代理で行うビジネスが成立し、ヤクザのシノギとなっているようです。

 

福島原発廃炉処理

危険度が相当高いため、そもそもこの仕事を行う人は相応の理由がある人です。それこそヤクザに生殺与奪を握られているような。

厳密に暴排条例を適用するのであれば本来ヤクザを関わらせてはいけませんが、さすがに効率を考えると完全排除は得策ではないという判断なようです。

 

海産物の密漁

近年のウナギのレッドリスト化、中国富裕層向けのナマコの需要増加などを受け、ヤクザがあちこちで夜間に密漁しているようです。

例えば国内で取引されるウナギの稚魚の2/3は密漁由来だと言われています。

平成29年には、1 kgのウナギの稚魚の価格は1 kgの金と同じになりました。

そのため、密漁により得られる金額は莫大なものになります。

綾野剛、舘ひろしらがが演じる「ヤクザと家族」においてもヤクザがウナギの稚魚を密漁しているシーンがありますね。

 

タピオカ屋

もう下火になりましたが、ヤクザのフロント企業が多く参入していたようです。

利益率が相当高く、特別なノウハウもいらないので参入が容易だったようです。

*これを聞いてからチーズティーやマリトッツォなどのブームに疑いの目を向けるようになってしまいました笑

ヤクザをやめる理由

ヤクザをやめる一番の理由は”子供のため“だそうです。

暴走族のなかの選りすぐりの悪がヤクザになっている訳ですから、これにはすごく驚きました。

子供ができると人が変わる、と母親についてよく聞きますが、父親もそうなのかも知れません。

“子供のため”以外には”慕っていた親分or兄貴分が引退するから”というのが多いようです。

ヤクザになる理由が人間関係であるのであれば、やめるのも人間関係が理由なようです。

ヤンキーLv.100

これからは子供のために頑張ろう!!!

ヤクザをやめて生きていけるか

暴力団脱退者の就職成功率は3%

2010年から2018年の間で5453人が暴力団を脱退し、そのうち就職できたのはたったの3%です。

しかも、その3%もどのくらいが継続しているのかは不明なようです。

元暴5年条項のペナルティがキツすぎる

暴排条例には元暴5年条項と呼ばれる重いペナルティがあります。

暴力団を脱退しても5年間は暴力団関係者と見なされて、銀行口座の開設、自分名義で家を借りること、携帯電話の契約、任意保険への加入が出来ません。

就職の時に銀行口座、住所、電話番号はほとんどの場合必須ですので、これがないと就職が困難です。

そして再び悪の道へ

社会からの風当たりの強さと、そもそも自分が長年ヤクザコミュニティーで過ごしてきたことなどから再び犯罪に手を染めるケースが多いようです。

暴排条例は2009年に始まりましたが、そのころから特殊詐欺(いわゆる振り込め詐欺)の検挙件数が増加の一途を辿っています。

2020年には、特殊詐欺の検挙件数は7424件もありました。

(出典:令和2年における特殊詐欺の認知・検挙状況等について(確定値版))

近年半グレが台頭してきていますが、元ヤクザも多くいるとされています。

ヤンキーLv.90

こんな社会で生きていけるか!!!

ヤクザの更生については国としての課題

暴排条例はヤクザにかなり大きなダメージを与えました。

ヤクザ100人に取ったアンケートによると、ヤクザを続けたいと回答したのは35人だけで65人はやめたいと回答したそうです。

参考 ヤクザ100人アンケート 現役組員が考えるヤクザの将来性

彼らやめたい人の受け皿について真剣に議論しないと、治安はむしろ悪化することも懸念されます。

特殊詐欺の検挙件数の増加は受け皿の必要性を考えさせます。

でもまぁ確かに、自分が経営者だとしたら元ヤクザとそうでない人いたら採用するのはどちらかというと・・・

かなり難しい問題ですね。今後どうなっていくのでしょう。

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

遺伝的な暴力性についてはこんな本がオススメです!

【書評】暴力の解剖学 現実のサイコパスの行動について~暴力性は生まれか育ちか~

参考とした図書
   

コメントを残す