【書評】動物の行動について学ぶのにおすすめ本3選 間違いなく動物をガン見するようになる

前回の投稿がゴリラ、ボノボの行動についての論文紹介だったので、それ関連で動物の行動についての本を3冊紹介したいと思います。

前回の記事:ゴリラの世界でも養子文化があるらしい 動物を観察するフィールドワークも面白い

どれも面白かったので、ぜひkindle等で読んでみるのをオススメします。

 

1.身近な鳥のすごい食生活

鳥は私たちの最も近くにいる動物の1つすよね。カラス、ハト、スズメ、ハクセキレイ、季節によってはツバメ。一日に一度は見ることがほとんどかと思います。

あいつらって何食べてるんでしょう

カラスはゴミ散らかして人間の食べ残しを食べていますが、それ以外は?

ハクセキレイがアスファルトの上で何か探していますよね。たまに何かを食べる素振りをしたり。あれは何を食べているんでしょう。

この本では30種類の鳥の食べ物について紹介されています。30種類も?と思うかも知れませんが、意外とほとんどの鳥の名前は聞いたことがありました。それだけ実は鳥って身近なんだなぁと思いました。

これを読むと鳥をガン見するようになります。

2.カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?

カラスは、ハトはってまた鳥の本?と一瞬思われたかもしれませんが、この本では鳥に限らずアライグマ、サメ、ヘビ、チョウ、イワシ、タコなど幅広い動物の行動が紹介されています。

私たちは動物の外見や、一面的な行動でその動物を判断してしまいがちです。

イルカはかわいいし、水族館では賢い一面も見せてくれます。

しかし、あいつらかわいい顔して交尾の時は残忍な一面を見せます。

我々の知らない動物の一面が知れて非常に面白い本です。

ついでにこの筆者の書き方がかなりラフで笑えます。

ペンギンの目はアーモンド型である。虹彩は白かったり赤かったり。そして、その中心に、睨みつけるような小さな黒い瞳。漫画のキャラだったら絶対に極悪人である。あんな目で悪くない奴といったら、 R・田中一郎とサンジくらいしか思いつかない。リヴァイ兵士長は微妙な線だ

 

動物たちの奇行には理由がある ~イグ・ノーベル賞受賞者の生物ふしぎエッセイ~

あれ、この本絶版になっている・・・アマゾンで中古で買えます。

買ったとき1500円くらいだったのに200円で買えるのか・・・

私はタバコを吸いません。しかし、私が南アフリカで学生をしていたころはタバコを吸っていました。1967年5月9日は、私にとって印象的な日になりました。なぜかというと、クラゲを用いて煙草に火をつけたからです。この広い世界で、クラゲを使ってタバコに火をつけたのは私くらいでしょう。

(中略)

彼らは、傘が両凸のレンズの形をしています。採取した種のクラゲは体が特に透明で、太陽に向けるとある一転で焦点を結びます。その焦点にタバコの先端を持っていくと、煙草に火がついたのです。

さすが、”イグノーベル賞受賞者”のエッセイです笑。

ちなみに著者のVictor Benno Meyer-Rochow博士のイグノーベル賞受賞理由は

「ペンギンの排泄時にかかる圧力」です。さすが。

非常に楽しい本でした。見ると2も出ていますね。今度買ってみようと思います。

よかったらぜひ読んでみてください!!

 

コメントを残す