今年ほど君の存在を忘れたことはないよ ノロウイルスくん

2020年、21年は何をするにもコロナコロナコロナコロナ・・・
旅行も行きにくいし、居酒屋にも行きにくい。
おそらくそんな状況を反映してか、ノロウイルスの感染者がものすごく少ない。
感染が判明している数が去年は1000名以上いるのに対し、2021年は3月5日時点で100人程度・・・
ノロウイルスの感染ピークは2月半ばごろなのですでにピークは過ぎています。
(国立感染症研究所)
新型コロナ対策にエタノールがあらゆる場所に置かれてますが、ノロウイルスはエタノールが効かないと聞きます。
その違いって何だろうと思って調べたので、まとめました。
ちょっと面白い小話もありました笑
*以下ウイルスを殺す、という表現を使っています。ウイルスは定義上生物でないので適切な表現ではないのですが、わかりやすさを優先させております。

ノロウイルスの発見は割と新しい


ノロウイルスは1972年、アメリカで発見されました。発見者は米国国立衛生研究所のKapikanさん。
あれ?ノロさんじゃないのか。
病気は発見者の名前がつくことが多いイメージ(例:アルツハイマーさんが提唱したアルツハイマー型認知症とか)でした。
じゃあノロって何かというと、発見のきっかけとなった集団胃腸炎が、アメリカオハイオ州のノーウォーク(Norwalk)の小学校で発生したから。この頭のNor+virusでNorvirusになったようです。
地名由来でした。(よく考えたらエボラ出血熱もアフリカのエボラ川近辺で発症者が見つかったからなど、地名由来もありますね。)

どうやって発見したか(ちょっと面白い)


Kapikanさん、どうやってノロウイルスを発見したかというと、Norwalkで採取した検体をボランティアに飲ませたとのこと。いや飲ませんなよ笑。ボランティアも飲むなよ笑。
そして、ボランティアから採取した検体をさらに別のボランティアに飲ませて、うつることを確認したとのこと…
ちなみにこういうボランティアってのは無償ではないと思います。いわゆる治験ボランティアに近いもので、多分結構いい金額をもらったんじゃないでしょうか。
いくらもらえば皆さんはこの検体飲みますかね。私は・・・お金に困ってたら15万円くらいあれば魔が差して飲むかもしれません。
「飲ませんなよ笑」と突っ込みましたが、それくらい病気の原因ウイルスを発見するのは難しいようです。
みなさんは野口英世の伝記を読んだことありませんか? 彼は黄熱病の研究をして、黄熱病の原因菌を発見した!と思ったんですが、実は違う菌だった、というエピソード。
(そもそも黄熱病はウイルスが原因であって、菌が原因ではなかった。)
これを受けて野口英世がおっちょこちょい、という言い方をする記事も読んだことがありますが、病気にかかっている人は当然体力が落ちています。体力が落ちていれば普段増えないウイルスや菌も増えやすい状況にあるということです。
この菌、ウイルスは健康な人にいないが、病気の人にはいる→これが原因だ!
と勘違いしうることです。これでは証明になりません。関係ないやつらが便乗して増えているだけかも知れません。
しかし、
この菌、ウイルスを健康な人に飲ませたら病気になった→これが原因だ!
という証明であれば因果関係が証明できています。(倫理的に許されれば、ですが笑)

結局エタノールが効くウイルスと効かないウイルスは何が違うのか


ウイルスには表面に脂の膜(エンベロープ)構造を持ったものと持たないものがいます。
エタノールはエンベロープ構造を壊してウイルスを殺します。
新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスはエンベロープを持っているので、エタノールが効きます。
さすがイラスト屋さんです。ノロウイルスと打つと上側が、出てきます笑
下側はわかりやすい比較画像としてHIVウイルスを出しています。
HIVウイルスの画像で示されている黄色い部分、これがエンベロープです。
上側のノロウイルスにはありませんよね。エタノールはこの黄色い部分を溶かします。
   
ノロウイルス(いらすとや)
   
HIVウイルス(いらすとや)
余談ですが、新型コロナウイルスのワクチンを打つことで、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質に対する抗体を作らせる、と聞いたことありませんか?
このスパイクタンパク質はエンベロープ上にあり、細胞に入り込む際に必要なタンパク質です。HIVウイルスの画像でトゲトゲしているところです。
エタノールでエンベロープを壊してしまえばスパイクタンパク質も使えず、細胞に入り込めなくなるということです。
一方ノロウイルスはエンベロープを持ちません。
え?と思うかも知れませんが、エンベロープがなくてもこいつは感染できる能力があるということです。こいつらには次亜塩素酸ナトリウムで不活化するのが対策です。
はやくコロナが収束して、おいしい牡蠣を食べに行きたいものですね。
そうしたらノロウイルスが流行るか笑
他のコロナ関係の記事

コメントを残す