【TOEIC】研究室入りたての学生注意! 英語の論文読んでもTOEICの点数は上がらないよ

多くの大学生はTOEICを受けることがありますよね。

就職活動で英語能力を定量的に企業へアピールできますし、企業によってはTOEICのスコアで足切りをしているところもあると聞きます。

私は研究室に配属される前に受けたときのスコアは445点でしたが、就活を開始するころには670点になっていました。

就活で強い武器にはならないけど、低すぎとマイナス評価にはならない程度の点数です。

 

当然世の中には700点越えの人々は多くいるので魅力的な方法には見えないかも知れませんが、今回お伝えする方法はトータル学習時間が50時間程度でできたかと思います。

600点を超えるために3か月で300時間必要、という記事も見つけましたので、それに比べるとかなり早くできますね。

多分、大学入試で英語を多少勉強している人であれば私と同じ手法が使えると思います。

 

 

研究室に入って毎日論文を読むからTOEIC対策は不要?

論文を読んだことがある方はわかると思いますが、論文は基本的に英語で書かれています。

研究室に配属された大学3年生の秋、研究分野の背景がわからなかったため、とにかく多くの論文を読んでいました。

論文を多く読んでいると「英語に慣れたから読むスピードあがっているでしょ」と謎の自信が出てきます笑

研究室に入る前のTOEICは445点だったんですが、さて何点になったか。

 

 

 

…440点でした・・・

いやいや待てよ笑 TOEICの再現性高いなと思いつつ若干下がっているってどういうことだよ笑

 

結論としては、論文を読んでもTOEICのスコアは動かざること山の如し。

ちゃんと別途対策が必要です。

理由について考察すると以下の3点に集約されるかと思います。

  1. 読むスピードは上がっているかもしれないが大した差ではない
  2. 論文を読むのに慣れるとポイントをピックアップして読むようになるので、実はあまり英文を詳細に読み込んでいない。
  3. 出てくる単語がTOEICとマッチしていない。

(「この池の魚どこから?」で紹介したようなendozoochory「動物被食散布なんて絶対出ませんよね笑)

 

どうやって勉強したら点数上がるか

さすがにちゃんと勉強しないとダメかと気づき、大学生協に買いに行きました。

その時思ったのが「多すぎてどれを選べばいいかわからない笑」でした。

なので、600点超えていた友人(当時の私からすれば十分すごかった)に、おすすめの参考書を教えてもらいました。

それがこちらです。

TOEIC(R) L&Rテスト 「直前」模試3回分 (日本語) 単行本 (アルク)

この本では、模試が3つと、その解説が載っています。重要なのは、この本がオススメしている勉強法です。

私はこれまで模試は”テスト前に実力を測るもの”くらいの認識しかありませんでした。

実際模試やって丸付けして見直しはそこそこで終わらせる、みたいな。

この本を通して、学べる2つの重要なことは

1. 本番でどのような時間配分で解けばいいのか

2. 解けなかった問題は時間がなかったからか、それとも知識がなかったからか

この2点を確認しながら進めていけます。

 

スコアアップに重要だったのは「時間をかけるべき問題とかけてはいけない問題の判別能力」がついたからだと強く思います。

この参考書がいうように時間無制限でTOEICを解いてみると600点以上は普通にとれたんです。なので、私が点数取れないのは「英語の知識が足らないから」ではなく「英語の知識を時間内に発揮できなかったから」でした。

 

この問題集を2周、きちんと復習しながら勉強したら440点から675点にアップしました!

「就活の時600点超えてればいいかー」くらいの気持ちだったので、大満足でした。

おそらく、700点くらいまでは大学受験で英語を勉強した方だったら時間配分能力を鍛えるだけでいけると思います。

受験時の私の英語のセンター試験は140点くらいだったので、決してもともとできたって程の点数ではないです。

(センター試験がなくなった今、だんだんこの例もわかりにくくなっていくんですよね・・・)

 

実際そのスコアって就活でどうだった?

私は食品企業や化粧品企業を受けていましたので、その範囲でしたら少なくともTOEICのスコアを理由に落とされたことはないと思います。業界最王手のMeiji資生堂もエントリーシートは通りましたから。

ま!面接で落ちましたけどね!笑

英語力を強烈にアピールする職業でない限り、このくらいあれば問題はないと思います。

 

会社員はTOEICは受けるの?

私は現在会社員をしていますが、TOEICは受けさせられます。少なくとも現在は昇進要件ではないのですが、自己啓発の一環として社員のランクに対して目標値は目安として設定されています。

なので、大学生のみなさん。

卒業する時に後輩たちにTOEICの参考書はあげないほうがいいです笑

私はまた買う羽目になりました笑

 

 

今回も読んで下さりありがとうございました!

コメントを残す