【Apple watch】 一か月使用した感想レビュー 最大のメリットはストレスの定量化だと思う。

最近Apple watchを買いました。なぜ買ったかというと、「心拍数とか血中酸素量とか調べてみたい!」というしょうもない理由です笑

つけ始めて1か月がたったので、感想をお伝えしたいと思います。思ったより使う機能、使わない機能も段々わかってきました。

結論を先に言うと「買ってよかった、楽しい」という状態です!

ダイエットの友にもなります。

【研究者無謀にもダイエットを語る】自身のデータ公開 4か月で8キロ痩せた方法 今始めれば夏までに痩せられる

 

1.自分の心拍数をずっと測り続けてくれるのが楽しい

皆さん健康診断で心拍数を測りますよね。その時「なんか緊張する。心拍数いつもより高いかも」とか思ったことないですかね。

私は大体いつも健康診断の時は90拍/分くらいです。

Apple watchを付けて1か月自分の心拍数を測定すると、大体80拍/分でした。

Apple watchと医療機器の精度が同程度と過程すると、やはり緊張して10%くらいは上がっていますね。

ただ、何もしていなくても70~90拍程度の範囲では心拍数は変動していましたから、大した差ではないかもしれません。

 

 

ちょうどこと1か月内に、結婚のお許しを頂きに彼女のご両親にあいさつを行くライフイベントがありました。

その時もApple watchを付けていたので、その日の心拍数も測れていました笑

その時は大体120~130拍/分でした。

やっぱり緊張すると心拍数が上がりますね笑

 

 

私は勤務中もApple watchを付けていて、勤務中の心拍数も測定できます。

今の仕事では毎週プレゼンテーションする必要があって、毎週その時緊張します。

その時の心拍数、なんと120~130拍/分でした!

毎週毎週ご両親にあいさつ行くイベント並みに緊張しているのか!

それはストレスで胃も痛くなるはずです笑笑

 

2.手元でメッセージを見れるのはやっぱり便利

LINEやSMS等のメッセージを手元で確認できる機能についてはよく紹介されています。

これはかなり便利でした。

メッセージが広告なのか、すぐ返信が必要なものなのか判断できるのはすごく快適です。

私の意思が弱いのもあるんですが、スマホでメッセージを確認すると、それがきっかけになってスマホをいじり始めてしまいます笑

集中しなければならないときにこれは時間がもったいないですよね。

 

3.アラームを振動で教えてくれるのがうれしい

私はタイマーのアラーム音が嫌いです。あれが好きという人はいないと思いますが、少し不快ですよね。

Apple watchだとタイマーのアラームを音でなく振動で教えてくれるので、この機能は地味に好きです!

 

4.散歩も自転車も、運動量の測定を速攻で開始できるのがうれしい

私は趣味でロードバイクに乗るのですが、乗り始めてから「測定忘れてた!」ってなることがよくあります。さすがにケイデンスとかは測れないのですが、消費カロリーとか運動時間、心拍数、時速等測れます。私はこれで十分かなぁと思います。詳細はほかの方がブログにまとめてくださってますね。

他サイト:Apple Watchをサイクルコンピューターとして使用してみた感想

緊張で心拍数が上がることはすでに伝えましたが、やはり運動時のほうが心拍数は高く、160拍/分くらいまでは簡単に上がりました。

地味にうれしいのが、測定をせず散歩をしている途中で「ワークアウト中のようですね」と聞いてきます

「屋外ウォーキングとして記録」をタップすると、なんと時間を遡って散歩開始時点から記録開始してくれます!これってかなりうれしいです。せっかくの運動なのでできるだけ記録したい笑

5.Apple watchからiPhoneを探せるのがうれしい

こんなことありません?

「ちょっとiPhone見当たらないから電話かけてくれない?・・・あぁ!マナーモードだった!どこだ!」

みたいなこと笑

朝急いでるときに限ってあるあるな現象笑

Apple watchから、ペアリングしているiPhoneを鳴らせます!マナーモードだろうと鳴ります。

これって結構便利ですよね。残念な(?)ことにこの1か月はまだこの機能にお世話になっていませんが笑

6.Apple pay機能はあんまり使わない

これはちょっと予想外だったんですが、あまりApple pay機能は私は使いませんでした。

タッチ決済用の機器が右手側においてあることが多いのと、ぶっちゃけiPhone出してタッチするのもそんなに大変じゃないからです笑

使うとしたら、イオンなどのセルフレジで決済機が高めのところにある場合だけでした。

 

7.血中酸素測定と心電図測定はあんまり使わない笑

実際どんなもんかな?と思って血中酸素と心電図が測定できるApple watch Series 6を買ったんですが、あまり使わないです笑

特に心電図は左手にApple watchを付けた状態で、右手をダイヤル部分に当てる必要があるんですよね。両手を塞がれるからあんまり使いませんでした。

(・・・あれ?わざわざ高いSeries 6じゃなくて、SEでもよかったんじゃ・・・笑笑)

まぁこればっかりは買ってみて自分がどう感じるかですから後悔はないですけどね笑

 

総括:Apple watchは買ってよかった

私はいろんなデータ取るのが好きです。特に自分自身のデータには興味津々です笑

自分のことって意外とわからないものですよね。

休日動いてないなぁとか(運動が少ないとApple watchに怒られます笑)、これから結構ストレス感じているのかなぁとか。そういうのを客観的に評価できたので、トータル買って満足です!

 

買うか迷われている方は参考にしてください!

コメントを残す